廃車買取査定と中古車査定

廃車買取査定と中古車査定の違い

以前であれば車を売るには下取り査定を利用するのが当たり前でしたが、現在では車買取査定により売却することが可能です。それぞれの査定で価格が付かない車は廃車にするのが基本でしたが、現在では価値の無い車でも廃車専門店に売却することができるようになっています。廃車専門店はどんな車でも買取りが可能ですが、査定額については車の販売を目的しているわけではないため、それほど高くはないと言えます。同じように感じる廃車査定と中古車査定ですが、違いについて把握しておくことが大切です。

廃車査定では基本的にどんな状態の車でも買取ることが可能です。事故で壊れた車も対象ですし、水没車や不動車で対象としています。部品取りとして車の形を成していないものでも引き取りますので、どんな状態でもお金に変えられるメリットがあります。価値がないからといって廃車手続きをすると費用が発生しますが、専門店に売却すれば無料で処分した他にお金が手に入ります。

中古車査定は車として販売できるものしか対象にしませんので、価値がなくなったり故障や事故で大破した車は取り扱わないのが基本です。オークションで取引された実績により査定額が決められますので、市場の動向に敏感なところも特徴といえます。人気によって査定額が高くも安くもなりますので、査定を受けるタイミングによって価格に差が出てきます。価値のある車の場合には、専門店を利用して売却するのが良い方法です。

廃車査定には相場が存在しないのが基本ですから、業者によって査定額が大きく異なります。中古車査定では相場を基に査定を行うため、多少の違いはあってもほぼ統一された価格になります。買取後の処分方法も車として販売する中古車専門店と、車として扱うことはほとんど無いといった違いがあります。査定額の違いは車を商品とするかしないかの違いですから、廃車査定では安くなってしまうのが特徴です。

コンディションが悪く価値の無い車は廃車専門店に依頼して買い取ってもらうのが良い方法です。中古車として価値があれば車買取店のほうが高く売れますが、価値の無い車は取り扱わないのが基本です。廃車専門店では中古部品として販売したり、鉄はリサイクルによって価格のつく資源ですから、それぞれに得意とする方法で処分しています。業者ごとに処分方法が違うため、査定額に差が出てしまいますので、複数の業者から査定を受けて比較する必要があります。”