廃車買取専門店

廃車買取専門店とディーラーの下取りの違い

車を売るには新車の購入と同時に手続きができる下取りが便利ですが、新車ディーラーの下取りは中古車として価値がある車しか買取しないのが特徴です。新車を販売するための手段として行われていますが、引き取った車は中古車販売店で販売されています。価値の無い車でも下取りは可能ですが、査定は付きませんし処分費用をとられることもあります。廃車専門店でも買い取りは可能ですが、ディーラーとは処分方法の違いが大きいと言えます。

新車ディーラーの下取りは、新車の購入をしやすくするために行うのが基本的な目的となります。買取った車は系列の中古車販売店で店頭販売されるのが基本ですが、現在では全国の系列販売店で購入できるシステムもありますし、オークションに出品するところも多くなっています。新車の販売が目的だとはいっても、最終的には中古車として販売するのが基本となります。ですから中古車として価値の無い車は下取りでも査定がつくことはないと言えます。

廃車専門店では中古車として価値がない車も引き取りますし、下取りで引き取った車の処分も行っています。廃車専門店の多くは解体して中古部品を販売することで利益を得ています。コンディションの良い車は中古車として販売することもありますが、ほとんどが中古部品と資源化により営業しています。ディーラーの下取りとの違いは車を販売するか、解体して部品を商品とするかの違いがあります。下取りでは国内の中古車販売店で販売されていますが、廃車専門店では中古部品を海外に輸出して販売しています。

車として価値があれば売却が可能ですが、価値がない車は価値のある部分だけを取り出して販売していますので、車を売るか部品や資源を売るかが大きな違いとなります。下取りでは価値がない車でも買い取りする場合がありますが、値引きの上乗せとして行われているサービスとなります。

廃車専門店とディーラーの下取りでは買取後の流通方法が異なりますので、査定額にも大きな違いがあります。また下取りは新車の販売を目的に行われますが、廃車買取は再利用により利益を得る構造となります。違いは大きいですが、価値の無い車を処分するには廃車専門店を利用するのが良い方法です。環境問題にも貢献できますし価値の無い車でも買取しますので、多くの人にメリットをもたらす仕組みだと言えます。下取りや中古車査定で価値が付かなくても、諦めずに廃車専門店を利用するのが良い方法です。”